マルカVSおたからや | ヴィトン買取比較の壱番.com



ヴィトン買取比較の壱番.com



京都マルカVSおたからやについて徹底解剖

日本で人気のルイ・ヴィトンですが、新品・新モデルがもてはやされる傾向が長く続いています。

実際にヴィトンのアイテムが中古で欲しいという人にとっては、今も公式サイトで売っているアイテムの方が魅力的に感じるのでしょう。

魅力的ということはそれだけ買われる可能性が高いということで、高額で買取っても元が取れると店舗が判断するのはわかります。

その中で、中古品に対しても高額買取に取り組む2つのサイトを比べてみたいと思います。一つは京都マルカ、もう一つはおたからやです。

京都マルカのメリット・デメリット・買取ジャンル

観光都市世界ランキングで2年連続1位になった京都に本店がある、京都マルカ。大切にしていることは、高価買取・スピード査定・査定費用無料・買取ブランドが豊富・即日現金化・大量買取もOKという6つのことです。

どれも買取希望者にとっては大きなメリットとなりますよね!

サイトデザインは高級感があるため、信頼感・高額買取をしてくれそうだという期待感が高まります。

実際には違ったとしても、サイトの雰囲気というは宅配買取を希望する人には大切な判断基準です。

ですので、ブランド買取の場合は「安っぽい」よりは「高級感がある」方が、しっかりと査定をしてくれそう、安心して頼めそうと思えます。

さらに信頼感があがることとして、査定士の顔が分かるようになっているのもメリットが大きいです。

どんな人が自分の大切な商品を査定してくれるのかが、顔写真付きで紹介されています。

高額買取を大切にするマルカでは、ネットを活用した大きな販売力とこれまでの実績により築き上げられた幅広い販売ルートを持つことによってそれを実現させています。

このような努力を常にしてくれている、ということも利用者にとって信頼・安心につながっていきます。

反対にデメリット面では、実店舗が少ないということです。

京都市内で6店舗、東京、九州に1ヵ所ずつです。

しかし、現在では、全国から宅配買取を受け付けているので実店舗に赴いて査定をして欲しいと希望する人以外にはデメリットになりません。

買取ジャンルは、金・プラチナ、バッグ、時計、ダイヤモンド、宝石、ブランドジュエリー、ブランド小物、シューズ、ファー、ブランドアパレル、ブランド食器、カメラ、お酒、楽器、骨董品の15ジャンルです。

おたからやのメリット・デメリット・買取ジャンル

ものまね芸能人コロッケの出演するCMといえば、おたからやです。

おたからやの特徴は、ブランド品はもちろん通常・記念切手、古銭、小判、メダル、勲章、金貨、銀貨、金地金、貴金属、ダイヤ、着物などまでを取扱うジャンルの広さです。

その取扱いジャンルの広さから、テレビ番組へ商品の貸し出しをしているほどです。

おかげで、昔の貨幣やエラー硬貨といったどこに売ったらいいかわからない商品でも買い取ってもらえます。

大掃除や処分をする際、大量に出てきた骨董品などと一緒にブランド品や着物を売ることも可能です。

また、日本全国で買取店舗があることを目指し、都会・地方を問わず次々と実店舗をオープンさせています。

急速な店舗展開ができる理由は、おたからやの実店舗がフランチャイズだからです。

実店舗を増やしているということは利用者にとっては誠実さを感じられるポイントではないでしょうか。

そうはいっても、実際に査定してもらったら納得のいく金額ではなかったという場合には、おたからやがインターネットオークションへの出店代理をしてくれるサービスもあります。

もっともオークションに出品できるアイテムにブランド品は含まれませんが。

デメリットは、取扱いジャンルが広すぎてウェブサイトを見た時にどこをクリックしたらいいかわからないところです。

またフランチャイズなので、ある程度のルールはあるにしろ店舗独自の判断がなされるパターンも往々にしてあるというものです。

これにより、店舗査定額格差が生じる可能性があります。

おたからやの買取ジャンルは17で、古銭・貴金属・ロレックス・勲章、メダル・宝石・ブランドバッグ・切手・紙幣、古札・貨幣セット・大判小判・ブランド食器・鉄道模型・玩具・骨董品・カメラ・ギター・携帯電話となります。

当サイトとしての判定

では実際にルイ・ヴィトンのアイテムを買取ってもらうのはどちらがよいのでしょうか。

当サイトでは、今回は京都マルカに軍配を上げたいと思います。

京都マルカがおたからやよりも「高額買取」に対する意気込みを持っている、と判断したからです。

両社の実際の買取金額

では両社の実際の買取金額はどのようになっているかを見ていきましょう。

今回はルイ・ヴィトンのモノグラムラインです。

マルカではディライトフルPM M40352が50,000円、おたからやではモノグラムラインが~70,000円という実績でした。

2つの店舗では買取金額には大きな差はなさそうです。

口コミ対決

最後に両サイトの口コミです。

京都マルカの良い口コミは、古いブランド品も買取をしてくれた、LINEで気軽に申し込めるというものがありました。

悪い口コミでは、新品・状態のよいものに関しては査定・買取額はそこまでよくない、というものでした。

次におたからやですが、良いものは取扱いジャンルが多い、対応が丁寧だったというものです。

悪い口コミでは、質屋のようだった、というものがあり、サイトや店舗の見た目も重視する人には悪い部分に映るようです。