ヴィトンの製品お手入れ方法 | ヴィトン買取比較の壱番.com



ヴィトン買取比較の壱番.com



ヴィトンの製品お手入れ方法

ヴィトンの製品お手入れ方法

ヴィトンの製品お手入れ方法

大切なルイヴィトンがいつまでも新品のように美しく、また相応しいヴィンテージとなるためには日々のお手入れが大切です。

そのためのお手入れ方法を紹介します。

ルイヴィトンの人気ラインであるモノグラム、ダミエは共に防水性に優れており、汚れや傷に耐えることが出来るように加工されています。

しかし、ヌメ革の部分は汚れや水などの液体が染みになりやすく、できてしまうと目立ちやすくなってしまいます。

購入したらまず、ウォーターストップスプレーを約30㎝離してまんべんなくスプレーします。

この時、濃淡ができないように水平にスプレーすることが大切です。

溶剤が浸透して乾いたら柔らかな布で乾拭きしましょう。購入して一番のタイミングでこの処置をすることで、防水効果ができるだけでなく、染みや汚れが付きにくくなります。

それ以外に、持ち手の垢などで汚れがちなヌメ革の部分的な汚れについては、ソフトガミで優しく擦り落としましょう。

ソフトガミは鞄の隅や角の黒ずみや汚れにも最適です。日頃はそうして気をつけて使っていても、どうしても全体的に汚れたりくすんだりしてきてしまいます。

そうなった場合はレザーソープ(フォーム)を綺麗な柔らかな布に馴染ませ、万遍なく塗ります。

それを軽く擦りながら汚れを落としていきます。そのあと、防水効果のあるウォーターストップでお手入れをし、乾いたらポリッシングクロスで乾拭きをします。

最後にレザーグローブで乾拭きをします。革製品のお手入れ用のフォームや溶剤は油が含まれており、磨きをかけることで更なる光沢が手に入ります。

日頃からは乾いた柔らかい布で吹いてあげることで、汚れが染みになる前にケアすることができます。

モノグラム、ダミエ以外の製品はデイリーユーズ(特に雨の日)に向かないものもあります。

素材が苦手とする環境を見極めて、優しく取り扱って下さい。ルイヴィトンのバッグ全体では、ファスナーやファスナープルをはじめ、スタッズやコーナープレート等にメタルの素材が使われいます。

これらのケアで安易に金属用の磨き粉などを使用するのはやめましょう。

ものによってはメッキが剥げてしまったり、周辺の素材(革)などに染みを作ってしまう原因になりかねません。金属部分は「くすんできたな」と思って際に柔らかな布で乾拭きしましょう。

ファスナーが固くなってしまったら、シリコンスプレーを使用するのが早くて確実です。